ゆっくり小学校 ≫ ゆっくり小学校

“生命平和を学ぶ” ゆっくり小学校 秋の特別授業
ファン・デグォンの Life is Peace

Life is Peace
生命平和運動の最大の特徴は、問題を前にして反対の拳を振りあげる代わりに、いったい何が生命同士の平和を保障する道なのか、共に悩み、考え、問題の現場に身を置き、自らに問う。例えば、問題の現場にみんなが望む共同体を実際につくりだしてしまう。反対ではなく代案を示す、創造の力へとエネルギーを転換するのです。世界の平和を望むなら、自分がまず平和になりましょう。暗闇を呪うより、1本のロウソクを灯しましょう。ファン・デグォン スローシネマ『Life is Peace』より
独裁政権下にでっちあげのスパイ容疑をかけられ、あらゆる拷問の末に投獄されるなど、理不尽な人生を強いられた経験をもちながら、「すべての生命は平和である」、とファンさんは言います。ファンさんの智恵とエネルギーに触れ、対立や怒りや悲しみを超えた平和を、わたしたちの内につくり出す学びに取り組んでみましょう。
life-is-peace_03ファン・デグォン(黄大権)
1955年ソウル生まれ。著述家、生態共同体活動家。1985年、留学先の米国から帰国したその日に、身に覚えのないスパイ容疑で当時のKCIA(国家安全企画部)に拘束され、2ヶ月に及ぶ拷問の末、北朝鮮のスパイに仕立て上げられる。死刑求刑後無期懲役の判決を受け、1998年に特赦による釈放までの13年2か月、独房で牢獄生活を送る。釈放後、アムネスティ・インターナショナルの招きにより、ロンドン大学インペリアルカレッジで農業生態学を学ぶ。2002年、獄中から妹に送り続けた絵手紙が『野草手紙』として韓国で出版され、100万部を超えるベストセラーとなった。現在は、仏教僧・道法師を中心に結成された「生命平和結社」に参画し、エコロジーと平和運動を展開しながら、ヨングァンに生命平和マウルを建設している。
life-is-peace_02
日 程イベント名
10月20日(木)「ファン・デグォンさんようこそ」
ファンさん来日記念・上映お話歓迎会
10月21日(金)Life is Peace 〜 わたしたちの居場所
10月22日(土)野草と生きる、野草に学ぶ
~ファン・デグォンさんを迎えて
10月23日(日)ゆっくり小学校特別授業
「ファンさんに学ぶ、平和な心の保ち方」
10月25日(火)ファン・デグォンさん 上映・お話会 @鄙舎
「世界を美しくするために〜野草のように、根をはって」
10月27日(木)ファン・デグォンさん来日!
スローシネマ「タシデレ!」「Life is Peace」上映会
10月28日(金)生命平和を学ぶ、ファン・デグォンさんお話会@神戸
10月29日(土)火を焚こう…ファン・デグォンとともに
そこにあなたはナニをみる?
10月31日(月)土のうえに暮らすspecial企画『晩秋の草の命をいただく』
草が教える平和な世界 @国分寺カフェスロー
※イベント名をクリックで詳細ページが表示されます