ゆっくり小学校 ≫ 更新情報

「壁を越え、いこうよ」
ホーリーランド パレスチナ
愛とアートとエコロジー


イベントのお知らせです。

昨年、ゆっくり小学校教職員一同は、パレスチナを旅しました。私たちをパレスチナへと向かわせたのは、パレスチナのガンディーと呼ばれる非暴力活動家、サミ・アワッドさんとの出会いがきっかけでした。彼の言葉には、イスラエルに対する恨みも怒りもありません。「怒りや憎しみが自分のなかにあるうちは、本当の平和は訪れない」と言うのです。彼が発したのは、愛とエコロジー。大地の大切さを語ってくれました。

旅の途中で、パレスチナのアグロエコロジスト、サアド・ダゲールさんにお会いしました。雑草も生えない岩ばかりの荒野で、無農薬・無化学肥料栽培を、パレスチナで初めて成功させた方です。無農薬野菜を高く売るためではありません。権力に依存しない、持続可能な暮らしを実現するため。入植の名の下に土地を支配し続けるイスラエルへの抵抗のエネルギーを、新しい生き方へのエネルギーに変換し、パレスチナの人々の暮らしを、社会を、耕していくために。

11月9、10日、横浜戸塚で開催される「しあわせの経済国際フォーラム2019」のゲストでもあるこのおふたりのお話を軸に、パレスチナから学ぶゆっくり小学校を企画しました。

福岡、神戸では、サミさんのお話会を、東京では、サミさん、サアドさんのお話会を開催します。

▼ 詳細はこちらから ▼
http://yukkuri-web.com/archives/8274