• ▶︎ 更新情報
  • ▶︎ お知らせ
  • ▶︎ イベント

    ▷ イベント告知

  • 星野文紘×ウォン・ウィンツァン with 辻信一・間中ムーチョ 祈りインプロヴィゼーション「海と雲と山と―」
  • サティシュの学校-みんな、特別なアーティスト
  • 「壁を越え、いこうよ」 ホーリーランド パレスチナ 愛とアートとエコロジー
  • nimai-nitai展2019年秋冬展示会 下関内日ゆっくり小学校
  • 自然の恵みと手のぬくもりを纏う服 「うさとの服展」2019冬 下関内日ゆっくり小学校
  • 10月21日から11月3日まで東京・海老原商店にてイベントを開催します
  • ゆっくり小学校 平垣美栄子さんの「植物を暮らしに!」秋編―植物たちと暮らす智恵に触れる
  • 自然の恵みと手のぬくもりを纏う服 「うさとの服展」2019秋 下関内日ゆっくり小学校
  • ぬんさんと、土、魂、暮らし @ゆっくり小学校 土とヨガと、手仕事と―
  • ゆっくり小学校 平垣美栄子さんの「植物を暮らしに!」―植物たちと暮らす智恵に触れる

  • ▷ イベント報告

  • 土と平和の祭典2014は無事終了致しました
  • デヴィッド・スズキの「きみは地球だ!」 with 辻 信一・終了致しました
  • 土と平和の祭典は無事(?)終了しました
  • 第226 回新宿セミナー@Kinokuniya 『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』 出版記念お話会 ぶらぶら主義(ブラブリズム) でいこう!
  • ▶︎ TOP
  • 2019年10月9日(水)、「ゆっくり小学校 平垣美栄子さんの「植物を暮らしに!」秋編—植物たちと暮らす智恵に触れる」のイベント詳細を公開、及びお申込みの受付を開始致しました。
    是非お誘い合わせの上足をお運びください!

    日本における植物療法の草分け的な女性、平垣美栄子さんが、ゆっくり小学校を訪ねてきてくれます。美容家でもある美栄子さんは、植物を、暮らしのさまざまな場面に活かしていく知恵をもった人。やさしい佇まいも植物のようです。ゆっくり小学校では彼女のことを、“魔女”と呼んでいます笑。
    ゆっくり小学校のハーブガーデン-ヒルデガルト・ガーデンには、フェンネル、ミント、コンフリー、レモングラス、ラベンダーなどなど、多種多様なハーブたちが生い茂っています。美栄子さんはその第一歩を記してくれた方。記念樹として植えつけたエルダーも、すくすくと育っています。
    生きたハーブに囲まれ、それを摘み、植物たちとイキイキと暮らす智恵に触れる―、美栄子さんと、豊かな時間を過ごしましょう。

    イベント詳細→http://yukkuri-web.com/archives/8107

    9月27日(金)から29日(日)の3日間、自然の恵みと手のぬくもりを纏う服 「うさとの服展」2019秋 下関内日ゆっくり小学校を開催致します。
    「うさと」とは、タイ・チェンマイ在住の日本人服飾デザイナー、さとううさぶろうさんを中心に運営されている自然服のブランドです。ヨーロッパでオートクチュールのドレスデザイナーとして活躍されていたうさぶろうさんは、いつしか、自然で美しい服のあり方を追い求めるようになりました。その末にたどり着いたのが、タイの美しい農村でした。農村の女性たちによって、手紡ぎ、自然染色された布地をつかって、丸い、柔らかい線をつくりだすデザインがうさぶろうさんの手によって生み出されました。いまでは、日本国内をはじめ、海外の方々にも「気もちのよい服」「リラックスできる服」として広く愛されている、個性豊かなアパレルブランドです。
    「うさとの服」は、タイやラオスの農村で自然栽培された綿、絹、ヘンプを、手紡ぎ、手織り(一部機械織りもあり)、天然染色、縫製、製品化されています。完成した製品は、直営店「UoooKYOTO」と各地で開催される「うさとの服展」でのみ販売されています。ネットや通販では、購入できません。なぜなら、原料の生産、布地の加工、製作、流通のすべてに、“人の手を介す”ことを大切にしているから。「うさとの服」は、自然の恵みと製作に携わったすべての人々の手のぬくもりでつくられる服なのです。
    秋の訪れを前に、自然界の恵みを体感できる「うさと」の服をご紹介できること、うれしく思います。レディースだけでなく、メンズ、キッズ、小物もあります。試着だけでも大歓迎。
    最後にあなたが手を通して、この服は完成します。会場への道は狭いですが、その先に、美しい空間が開けます。駐車も、折り返しもちゃんとできます。どうかひるまないで、安心していらしてください。
    自然溢れる下関内日の家で、みなさんのご来場をお待ちしております。

    イベント詳細 → http://yukkuri-web.com/archives/8062

    2019年9月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)、「ぬんさんと、土、魂、暮らし @ゆっくり小学校 土とヨガと、手仕事と―」のイベント詳細を公開、及びお申込みの受付を開始致しました。
    神戸の“社会参画するヨガスタジオ”「spaceわに」を主宰するヨガ講師のぬんさんと、ゆっくり小学校で学び、たのしむ2泊3日のリトリートです。
    今回はヨガだけでなく、“土”にフォーカスし、近くの土で作る陶芸、土絵具で描く絵、自然農園の野菜やハーブの収穫など予定しております。
    是非ご参加をお待ちしております!

    イベント詳細 → http://yukkuri-web.com/archives/8007

    * * *

    神戸の“社会参画するヨガスタジオ”「spaceわに」を主宰するヨガ講師のぬんさんと、ゆっくり小学校で学び、たのしむリトリートを開催します。
    ぬんさんは、ヨガや瞑想、ボディワークを伝えるだけでなく、食、暮らし、アート、教育、環境、社会、ビジネスへの意識を高めていく、統合的(ホリスティック)な学びの場を創るスペシャリスト。ヨガの語源が「つなぐ」という言葉であるように、人と人とを、人と自然を、人と地域を、人と社会をつなぐ役割を担っている、ヨガそのものを生きている方なんです。また、ピアノヨガ、カレーヨガ、体かたいよヨガなど、ヨガの既成概念にとらわれず、いろいろなものとヨガを組み合わせながら、ヨガの本質をたのしく伝えられる達人でもあります。
    そのぬんさんと、手仕事やヨガ、瞑想を通じて、ゆっくり小学校の周囲に広がる自然や大地とつながるリトリートを企画しました。
    特に今回は、“土”にフォーカスします。近くの土で作る陶芸、土絵具で描く絵、自然農園の野菜やハーブの収穫……。アートとスピリチュアル、丁寧な暮らしの融合を実現させながら、社会へと意識を向けて行く二泊三日の旅。
    「わたしたちの暮らしは、自然界からのギフトによって成り立っているもの」
    「土や大地がカタチを変えて、わたしたちの暮らしを輝かせてくれている!」
    当たり前のことだけど、それを深く体感するリトリートです。

    ◆ ぬんさんよりメッセージ ◆
    ゆっくり小学校「ようむ員」上野さんからのお誘いで、この魅力的なリトリートを実現できることになりました。
    暮らしを通したヨガのリトリート。
    みんなで自然農の畑から収穫し、みんなで料理し、みんなで食べる。
    土から暮らしの道具をつくり、土から遊びの材料を得る。
    ぼくたちの衣食住は、すべて土からやってきます。
    土の恩恵なしには、ぼくたちの暮らしは何一つ、成り立ちません。
    ヨガとは、大いなる自然界との調和であり、自然とのつながりを取り戻し、自然や社会のバランスを取り戻すことが、深いヨガの目的だと思っています。
    このリトリートでは、すばらしい環境に恵まれた下関・内日の里山の中で、自然農や陶芸のすてきな先生たちとともに、ホリスティックな(広い視野での)ヨガ的意識を高めていくことを目指します。
    みんなとつながり、自然とつながる、このリトリートで、ご一緒できることを楽しみにしています。