81tgwcr14hl辻信一さんの最新刊『よきことはカタツムリのように』が9月15日に春秋社より発売となりました。


【内容紹介】
変化は善、速ければ速いほどいいという「成長教」が拡大している。その陰で、過剰労働や環境破壊が進行し、人類史上恐らく最も深刻な危機を生み出している。ガンジーは、「よきことはカタツムリのように、ゆっくり歩む」と言った。この言葉を今こそかみしめてみよう。直線的な成長ではない、本当の豊かさとは何か。シンプルであること、スローであることの価値とは何か。本書は、スローライフを提唱してきた著者が、世界の片隅でゆっくりと進行しているよきこと、よきものを見つめていく。エネルギーや食から、環境保全、民主主義のあり方まで。自分のペースで着々と「よりよい社会」に向けて活動する人々を紹介し、明日へのヒントを照らし出す。3・11以降、私たちが最も大切にしたいことがつまった一冊。

life-is-peace-top 2016年10月20日から31日まで、生態共同体活動家であるファン・デグォンさんが来日されます。
独裁政権下にでっちあげのスパイ容疑をかけられ、あらゆる拷問の末に投獄されるなど、理不尽な人生を強いられた経験をもちながら、「すべての生命は平和である」、とファンさんは言います。
ファンさんの智恵とエネルギーに触れ、対立や怒りや悲しみを超えた平和を、わたしたちの内につくり出す学びに取り組んでみませんか?

詳細ページ→http://yukkuri-web.com/archives/6381

yukkuri-piano
ゆっくり小ピアノ教員“のんさん”こと、クラシックピアニスト高橋望さんのピアノ演奏を軸に、クラシックピアノを頭と心と体で聴く、感じる、学ぶ会、やります。

ゆっくり小ヨガ教員ぬんさんとのコラボ、「ピアノヨガ」「ピアノ瞑想」や、ようむ員とのバッハにまつわるピアノトーク、そして、のんさんの本気演奏「バッハ・ゴルトベルク変奏曲アリア」「ドビュッシー・月の光」などなど、クラシックピアノの世界をたっぷりと味わうひととき。

ピアノを深く、愉しく学びながら、夏の終わりをロマンチックに過ごす夕べへどうかお出かけを。

イベント詳細ページ→http://yukkuri-web.com/archives/6294