「ゆっくり小学校1期」へご参加頂きました、大野晃子さん、宮ノ入里佳さんにご感想を頂きましたので、ゆっくり小学校・授業風景のページにてご紹介させていただきました。
大野晃子さん、宮ノ入里佳さん、ありがとうございました!

大野晃子さん  → http://yukkuri-web.com/archives/6666
宮ノ入里佳さん → http://yukkuri-web.com/archives/6668

「ゆっくり小学校3期」へご参加頂きました、中本絵菜さん、阿藤智恵さんにご感想を頂きましたので、ゆっくり小学校・授業風景のページにてご紹介させていただきました。
中本絵菜さん、阿藤智恵さん、ありがとうございました!

中本絵菜さん → http://yukkuri-web.com/archives/6608
阿藤智恵さん → http://yukkuri-web.com/archives/6642

81tgwcr14hl辻信一さんの最新刊『よきことはカタツムリのように』が9月15日に春秋社より発売となりました。


【内容紹介】
変化は善、速ければ速いほどいいという「成長教」が拡大している。その陰で、過剰労働や環境破壊が進行し、人類史上恐らく最も深刻な危機を生み出している。ガンジーは、「よきことはカタツムリのように、ゆっくり歩む」と言った。この言葉を今こそかみしめてみよう。直線的な成長ではない、本当の豊かさとは何か。シンプルであること、スローであることの価値とは何か。本書は、スローライフを提唱してきた著者が、世界の片隅でゆっくりと進行しているよきこと、よきものを見つめていく。エネルギーや食から、環境保全、民主主義のあり方まで。自分のペースで着々と「よりよい社会」に向けて活動する人々を紹介し、明日へのヒントを照らし出す。3・11以降、私たちが最も大切にしたいことがつまった一冊。