▶︎ プロフィール
  • ▶︎ Resurgence
  • ▶︎ フォト
  • ▶︎ TOP
  • サティシュ・クマール ≫ プロフィール

    サティシュ・クマール プロフィール

    サティシュ・クマール Satish Kumar

    P2229625

    サティシュ・クマールは1936 年、インド、ラジャスタン地方の村でジャイナ教信徒の両親のもとに生まれた。父の死を契機に、死がもたらす悲しみを超える道を模索し始めたサティシュは、9 歳にして出家、ジャイナ教の僧侶となる。18 歳の時、マハトマ・ガンディーの社会的非暴力思想に魂を揺さぶられ、還俗を決意。その後、ヴィノーバ・バーヴェ師のもとで社会変革運動に携わった。1961 年、90 歳の哲学者バートランド・ラッセルが、核廃絶を求める座り込みで逮捕されたというニュースに触発され、サティシュは友人とともに、当時4 つあった核保有国(ソ連、フランス、イギリス、アメリカ)の首都へ、平和のメッセージを届ける平和巡礼に旅立つ。2 年半かけて、1 万4 千キロの道を一銭ももたずに歩き通した。

    その後、サティシュは『スモール・イズ・ビューティフル』で知られる経済学者、E.F. シューマッハーと出会い意気投合。1973 年、シューマッハーに請われて、『リサージェンス』誌の編集主幹となる。以来、『リサージェンス』はエコロジー思想の知的拠点として、また環境と平和、科学とスピリチュアリティをめぐる世界的な議論の場であり続けている。1982 年、自宅のあるイギリス南西部デヴォン州に「スモール・スクール」という中学校を創設し、自然からの学び、日常生活の重視などを特徴とする先駆的なカリキュラムで注目を集めた。1991 年には、「シューマッハー・カレッジ」を創設。パラダイムの転換を模索する人々が世界中から集い、学び合う場となっている。

    邦訳著書に、『君あり、故に我あり―依存の宣言』(講談社)、『もう殺さない―ブッダとテロリスト』(バジリコ)、『スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』(徳間書店)、『つながりを取りもどす時代へ――持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』(共著、大月書店)、『GNH ―本当の< 豊かさ> へ、10 人の提案』(共著、大月書店)、『サティシュ・クマールのゆっくり問答 with 辻信一』(SOKEIパブリッシング)などがある。