title
日 程イベント名
11月5日(日)ゆっくり小学校 秋の特別授業
サティシュ・クマールの「アート・オブ・ライフ」
@東本願寺
11月5日(日)サティシュさん、ジューンさん、京都へようこそ夕食会
11月8日(水)サティシュ・クマールさんお話会
「アート・オブ・ライフ」
@石見銀山・町並み交流センター
11月9日(木)ゆっくり小学校 秋の特別授業
サティシュ・クマールの「アート・オブ・ライフ」
@善了寺
※イベント名をクリックで詳細ページが表示されます




現代を代表するエコロジー思想家。「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」の創設者。インド・ラージャスターン州生まれ。9歳でジャイナ教の修行僧になり、18歳の時、ガンディーの非暴力思想に共鳴し還俗。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000キロの平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに定住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティーの融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『もう殺さない―ブッダとテロリスト』(バジリコ社)、『スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』(徳間書店)、『つながりを取りもどす時代へ―持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』(共著、大月書店)、『GNH―もうひとつの<豊かさ>へ、10人の提案』(共著、大月書店)、がある。DVD『サティシュ・クマールの今、ここにある未来 with 辻信一』(ゆっくり堂)に出演。スローシネマ『アジアの叡智』シリーズの総合アドバイザーを務めている。この5月に『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)が発刊された。


YouTube Preview Image